トップ

歯科に関する疾患を見つけよう

歯科で未然に防げる

カルテ

歯科の定期検診について

歯科の定期検診は、健康診断や人間ドッグなどと同様に重要な役割を果たします。単に、口内環境が低下しているかどうかを確認するだけでなく、口内からもたらされる様々な疾患を、未然に防ぐことができます。神経に何らかの支障をきたしていることは、心身両面に負担をかけています。菌などの外的な要因が、新たな疾患を生み出すこともあります。歯科の定期検診は、表面的なチェックのみならず、食生活をはじめとする普段の過ごし方についての的確なアドバイスを受けることもできますので、自己管理ができているかどうかを見直す良い機会となります。

定期検診で虫歯を予防しましょう

歯科に行くきっかけは、大抵が虫歯が出来てからなど、口腔内に何らかの異常を感じた時が多いです。そうなると、治療のために、歯医者へ数回は通わないといけなくなるため、金銭的にも負担になってしまいます。そうならないためにも、定期的に歯科で検診を受けるようにしましょう。大抵は3ヶ月から半年に1回通えば良いので、金銭的負担になりません。また、定期的に診てもらうことで虫歯予防にもなるので、長い目で見ると、虫歯治療にかかるお金より、検診にかかるお金のほうが安くなります。口腔内を診てもらい、清潔に保つことはお金の負担も減らしてくれるのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科に関する疾患を見つけよう. All rights reserved.